性欲旺盛な人妻がパンツ越しの素股で発情しヌルっとチンポ挿入され着衣セックス

性欲旺盛な人妻がパンツ越しの素股で発情しヌルっとチンポ挿入され着衣セックス 素股

類似作品はこちら

豊満な谷間を持つ人妻に声をかけて悩める男子の相談乗るといきなり胸を揉み始める男

街を歩いている人妻に声をかけ、母性本能をテーマにインタビューをしたいといい、悩める男の相談に乗ってもらうという企画で、どさくさに紛れて素股をさせてしまう。パンツが汚れるからと紙パンツ越しに素股をしていると、紙パンツが破れてチンポ挿入されて、そのまま着衣セックスで中出しまでさせてしまう動画。夜遅い時間に、街中を歩く人妻に声をかけまくるがなかなか捕まらず、頭を悩ませる企画者だったが、帰宅途中の人妻ゲット。場所を移動し、母性本能をテーマにインタビューを開始。コートを脱がせると、胸元がパックリと開いた服を着ており、胸の谷間がクッキリと見え、ブラチラしている。それを見ただけで興奮が収まらない企画者。早速、悩める男子が登場。男の話を聞き始め、相談に乗り始める。アドバイスをし始めると、偉そうとまでは言わないが、教師のようなノリで語り始める人妻。ゲームが好きでゲームの女性であれば話せるが、リアルの女性に対しては話すことができないという男に対し、接し方をレクチャーしてあげてほしいと言い始める企画者。まずは握手からいきなりハグをして欲しいと言い始め男に、人妻に抱きつかせると、男はハアハアと言いながら興奮しながら、胸に手を伸ばし、おっぱいを服の上から揉み始める男。

乳首を舐められスイッチの入った人妻がおマンコの辺りを攻められマン汁でパンツに染みを作る

困惑する人妻だが、男はそのまま胸に顔を埋めて、服の上からむさぼるように胸を揉み、匂いを嗅ぎ続ける。男は服をずらし、ブラジャーを露わにすると、そのままブラジャーもずらし、巨乳をあらわにする。「えっ」という人妻だが、男は気にせず乳首を指でつまみ、舌で乳首を舐めはじめ、弄び始める。するともう完全にHモードのスイッチが入ってしまった人妻は、空を仰ぎながら、気持ち良さそうに男の乳首責めを受け続ける。左右の乳首を舌で転がし舐め回すと、人妻は抵抗をする事なく感じ続ける。男はそのまま下半身に手を伸ばし、スカートを捲ると、黒パンスト越しにフルバックパンツが丸見えの状態に。黒パンストの上からおマンコの辺りを指で触り始めてなぞる。その間も乳首を舐め続けると、人妻は喘ぎ声を出しながら感じている様子。人妻が抵抗するまもなく、男はそのまま黒パンストを脱がし、股を開かせると、おマンコのあたりを集中的にぐりぐりと指でさすると、あっという間にマン汁でパンツに染みを作る。

男がズボンを脱いだ瞬間自らチンポを握り手コキからフェラをし始める人妻

パンツが汚れてしまい、「これはまずい!」と言い出す企画者に、もしかしてこのまま終わり?といった物足りなさそうな表情で、続きをして欲しいと言った感じの人妻。紙パンツに履き替えてくださいと言うと、紙パンツに履き替える。紙パンツのおマンコの上あたりを集中的に指でこねくり回し始める男。股間の上辺りを擦るだけで物欲しそうな表情をしながら、喘ぎ声を出す人妻に、「気持ちよかったら、男に気持ちいいと言ってあげてください」といい、人妻に「キスをしてあげて」という企画者。すでに人妻がエッチをしてほしいという状態になっており、妻の性欲を解消してあげるような企画動画になっている。男が紙パンツの股間の上あたりを指でなぞっていると、すでに紙パンツのおマンコの辺りがマン汁で濡れ始めている。男はベルトを外し、ズボンとパンツを脱ごうとすると、それを今か、今か、と言った表情で待つ人妻。男がズボンを脱ぎ終わると、男のチンポを握り、手コキを始める。次の瞬間、企画者が何も言ってもいないのに、男のチンポを咥え、フェラを開始。「えっ」といった声で驚きを隠せない企画者たちは、人妻の溜まった性欲の強さに驚く。

Hの練習と紙パンツ越しの素股をするとマン汁で染みを作りパンツが破れるのを待つ人妻

そのまま男のチンポをフェラを続けると、男が「擦っていいですか?」といい、人妻をソファの上に仰向けに寝転がせて、股を開かせてチンポを股間の上に擦りつけ始める。さすがにそのままチンポを挿入させるわけにはいかないという企画者に、「Hの練習をさせてあげてほしい」と素股を提案。「チンポは入らないから大丈夫です」と言いながら、「童貞の彼に、チンポを挿入する穴の場所を教えてあげてほしい」という企画者。それに対しおマンコの当たりをパンツの上から指し示して、挿入する穴の場所を教えてあげる人妻。男は紙パンツの上からおマンコの上あたりを擦りつけるように素股を続ける。正確な場所を指し示してあげ、いかにもパンツが破れ、チンポがそのまま挿入されないかと待ち望む人妻は、男の擦りつけるような素股を受けている最中も、物足りなさそうな表情をしながら、男のチンポをパンツの上から擦りつけられるだけの、お預けを食らったような状態の素股。さすがに結婚もしており、旦那もいるため、自分からは挿入して欲しいと言えない人妻は、紙パンツがマン汁でビチョビチョに濡れていることを指摘されても、「えっ」といった反応で、そんなことどうでもいいから、素股だけじゃなくて、そのままチンポ挿入してほしいというような反応を示す。

紙パンツの濡れた部分を素股すると破れたところからチンポがはいり着衣セックス開始

徐々に紙パンツがマン汁で濡れてきて、薄くなってきたのか、素股の感度が高くなってきて、徐々に気持ちよくなってくる人妻。男がそのまま濡れた紙パンツの上からおマンコのあたりを擦りつけて、素股を続けていると、紙パンツが破れ、そのままチンポがおマンコに刺さってしまい、素股からの着衣セックス開始。さすがに「いや抜いて、ダメ!」という反応をする人妻だが、声ではそう言っても、体はまったく抵抗をすることもなく、男のピストン運動を受け続ける。一瞬、声で拒否反応を示したものの、しばらくすると喘ぎ声をあげるだけになり、男のチンポをおマンコで受け続け、着衣セックスを続ける。男の小刻みなピストン運動に、テンポ良く喘ぎ声をあげながら感じ続ける。男がピストン運動の速度を、早くしたりゆっくりしたりすると、それに応じて喘ぎ声を上げる人妻。目をつぶり、男のチンポを全神経を研ぎ澄ませて、感じ続ける。男のピストン運動が早くなってくると、たまらず喘ぎ声が大きくなる。

奇声に近い喘ぎ声で感じる人妻に着衣セックスで中出しすると最後は我に帰り泣き出す人妻

男はそのままパンツを脱がしてしまい、今度は四つん這いにさせて、お尻を突き出させ、バックで着衣セックス。見た目の割にお尻が大きく、突きがいのあるおマンコをしており、男がチンポを再度挿入すると、日頃溜まった性欲を発散させるかの如く、男のチンポを味わい続ける人妻。男の頂点が近づいてきて、ピストン運動の速度が上がってくると、奇声にも近いような喘ぎ声を出し始める人妻。男がそのまま昇天に達し、人妻のおマンコにザーメンぶっ放し、中出し着衣セックス。おマンコに指を突っ込んで抜くと、中出ししたザーメンが腔内からいやらしく垂れ流れる。さすがにやってしまったという表情で泣き始め、後悔し始める人妻だが、時にすでに遅しといった感じで、子宮の中は見知らぬ男のザーメンでいっぱいになってしまう。街を歩く人妻に声をかけて、悩める男の相談相手に乗ってあげてほしいと素股をさせてしまう企画。破れることが分かっている紙パンツを履かせ、素股をさせていると、そのまま塗るとチンポを挿入してしまい、着衣セックスで中出しまでしてしまう企画動画。

類似作品はこちら

動画がみれない場合はここをクリック

他の「素股」動画を探す場合はここをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました